竜盤目のなかま

コブタン(ケラトサウルス)

分類:肉食恐竜
体長:約5~7m
生きていたとき:約1.4億年前
両目と鼻の上にコブのようなツノがあるのが特徴です。歯や爪はとても鋭かったといわれています。

テコドン(テコドントサウルス)

分類:肉食恐竜
体長:約3m
生きていたとき:約2.1億年前
ほっそりとした体が特徴です。2本足でとても速く走ることができたと考えられています。世界で初めに知られた恐竜のひとつともいわれています。

チャウスター(ケティオサウルス)

分類:草食恐竜
体長:約15m
生きていたとき:約1.7~1.2億年前
ケティオサウルスとは「クジラトカゲ」という意味です。これは、化石が発見された当時、クジラの化石と思われていたからといわれています。

あばれん坊(アロサウルス)

分類:肉食恐竜
体長:約10m
生きていたとき:約約1.4億年前
この時代で最も強く、暴れん坊な恐竜です。獲物を待ち伏せしてカギ爪で押さえつけ、鋭い歯で引きさくのが得意な、見た目通りの恐ろしい恐竜です。

トリネラ(オルニトレステル)

分類:肉食恐竜
体長:約2m
生きていたとき:約1.4~1.2億年前
身軽でしなやかな小さな恐竜ですが、長い前肢と丈夫な顎を持ってたといわれています。ニックネームの由来は、恐竜公園に来ればわかるかも?

(オルニトレステスとよばれることもあるようです)

茶臼王(ティラノサウルス)

分類:肉食恐竜
体長:約15m
生きていたとき:約7000万年前
地上に現れた、最強の肉食恐竜です。茶臼王の体の中に入って、鋭い牙の並ぶ口から顔を出せば、恐竜に食べられた気分になれます。絶好の撮影スポット!?

ロングネック(ディプロドクス)

分類:草食恐竜
体長:約25~30m
生きていたとき:約約1.5億年前
長い尾はムチのようにふるって、強力な武器になっていたようですが、ロングネックの尾はすべり台になっています。茶臼山恐竜公園で一番大きい恐竜です。

ブロタン(アパトサウルス)

分類:草食恐竜
体長:約20~25m
生きていたとき:約1.5億年前
ブロタンの大きな体はすべり台になっていて、人気の恐竜です。近くには子どもの恐竜や大きな足跡もあります。

(ブロタンの名前は以前の呼び名のブロントサウルスに由来しています。)

でかなが(プラティオサウルス)

分類:雑食恐竜
体長:約6m
生きていたとき:約2.2億年前
最初期の恐竜で、それは巨大恐竜の始まりでした。でかながの体は、胸の小さなトンネルから尾のすべり台となっています。

まだまだたくさんの仲間がいるよ!恐竜公園に会いに来てね!
まだまだたくさんの仲間がいるよ!恐竜公園に会いに来てね!