新年明けましておめでとうございます!

 新年明けましておめでとうございます。

 今年もどうぞよろしくお願いします。

 (おてては特大クリームパン♫)

 

 動物たち代表

 ネコ目ネコ科 アムールトラ「なごみ」より

ツキノワグマ展示が12月19日で一旦終了します

 ツキノワグマの「ミヤ」と「テツ」の姉妹ですが、このたびお引っ越しをすることになりました。
 
 引っ越しといってもどこか他の動物園に行くのではなく、園内の動物舎間での引っ越しになります。
 というのも、今年8月にクマ舎横に新しく「オランウータンの森」がオープンしましたが、今後、現クマ舎もオラウータン舎として取り込まれる計画になっており、クマたちは前までオランウータンが暮らしていた旧オランウータン舎で新しく生活することになっているのです。
 
 引っ越し日は12月20日(月)の休園日を予定しており、前日の19日(日)までは今まで通り現クマ舎にてツキノワグマをご覧いただくことが可能です。
 引っ越し後は、新しい環境に慣れる期間が必要ですので、しばらくの間はツキノワグマの展示は中止となります。展示再開については、またホームページにてお知らせしますのでよろしくお願いいたします。

レッサーパンダの赤ちゃんの名前が決まりました!

☆2021年7月1日に生まれたレッサーパンダの双子の赤ちゃんの名前が決定しました。

▼名前/【アンコ】(応募人数6人)…毛色が黒っぽいほうの子
    【キナコ】(応募人数11人)…毛色が白っぽいほうの子

▼命名者の方/【アンコ】…南波莉穂さん、佐藤澄嶺さん、佐藤大門さん (応募多数の為、抽選で決定)
       【キナコ】…塩浦美咲さん、山浦洋子さん、山田真衣さん (応募多数の為、抽選で決定)
▼応募総数/2528人
▼選考理由/母親の名前が「ミルク」のため飲み物にちなんだ名前が多く寄せられたが、ミルク(牛乳)と相性の良い食材で親しみやすく可愛らしい名前ということで決定しました。

多数のご応募ありがとうございました。
現在、天候の良い日は赤ちゃんたちは母親と一緒に外の展示場に出ています(展示時間の目安:10時~15時)。
かわいらしい姿をぜひ見に来てくださいね。

※当日の天候(降雨など)や体調によって、事前の予告なしに展示時間を変更・中止する場合がありますので、予めご了承ください。

 

 

悲しいお知らせ~アルパカの「パール」がなくなりました~

 アルパカのパール♂が、、慢性肝不全に伴う循環器障害のため亡くなりました。
 10月31日頃より食欲・元気の低下が見られ、治療を続けておりましたが11月10日に死亡しました。
 
 パールは、茶臼山動物園の初代アルパカとして2014年に釧路市動物園より来園し、その後お嫁さんとして来園した、ミルフィーとは相性が良く、2頭の間にはこれまで3頭の子供が誕生しました。気が強いミルフィーに、1歩引いて譲ってあげるような優しい性格のお父さんでした。
 
 子供のダイヤとスフレは父に似て、乾草を地面に座って食べる癖があり、親子そっくりな姿にいつも微笑ましく思っていました。急なお別れとなり寂しい気持ちで一杯ですが、パールの冥福を祈るとともに、より一層アルパカの飼育に全力を尽くしていきたいと思います。
 
 今まで、パールを可愛がって下さったみなさま、本当にありがとうございました。

 

レッサーパンダの赤ちゃん、一般公開始まります!

 7月1日(木)に当園で誕生したレッサーパンダの双子の赤ちゃん(メス2頭)が、巣箱から出てくるようになりましたので、いよいよ一般公開が始まります。
 
 公開日は10月1日(金)からで、公開時間は、午前10時~10時30分と午後3時~3時30分までです。
 はじめのうちは、午前午後とも30分間程度を目安に、少しずつ外の環境に慣らしながら、10月16日(土)17日(日)の「秋の動物園の日」までには終日(9:30~16:30)公開できるよう徐々に公開時間を伸ばしていく予定です。
 
 なお、赤ちゃんの体調や天候(悪天候や高温など)によっては事前の予告なしに公開を中止する場合がありますので、予めご了承ください。
 この時期ならではの可愛らしい姿を、ぜひご覧になってみてください。

ライチョウ家族、元気に育っています!

 今年の8月3日に中央アルプスの木曾駒ケ岳から茶臼山動物園にやって来たライチョウの家族(お母さんとヒナ3羽)たち、ヒナたちは3羽とも元気に育っています。
 
 ヒナたちは孵化してからおよそ1か月を山の上で過ごし、その後、動物園にやって来ました。動物園に来た当初は100g程度だった体重も、順調に増加し400gを超えてお母さんと変わらぬ体型になりました。
 現在、ヒナたちは冬羽への換羽がすすんでおり、だんだん白い羽根が増えてきました。また、ヒナの声から大人の声に声変わりもしつつあり、そろそろ独り立ちの時季が近づいてきています。
 
 家族は日中、舎内と屋外運動場をフリーの状態で飼育しています。屋外運動場でお散歩している時がありますので、ご覧になってみてください。
 (写真:向かって左側からヒナ♀、ヒナ♀、お母さん、ヒナ♂)
 
 ※環境省ではライチョウが絶滅した中央アルプスにおいて、ライチョウの個体群復活事業をすすめています。動物園でも繁殖させて野生に戻すことで、生息数を効率的に増やすことを目指しています。

コツメカワウソさんが仲間入りしました!

 当園に新しくコツメカワウソ2頭が仲間入りしました。
 7月にオープンした新施設「オランウータンの森」にて、オラウータンと同じ生息地にすむコツメカワウソを混合展示する予定です。
 
 仲間入りした2頭は、8月24日に鹿児島県の鹿児島市平川動物公園からやってきました。
 2019年9月7日生まれのオス「トライ」と、2020年8月25日生まれのオス「バブル」です。
 
 まだ混合展示のための練習期間なので、一般公開はしていません(練習で運動場に出ている時などにご覧いただけるかもしれませんが…)。
 公開日が決まりましたら、あらためてお知らせいたします。楽しみにしていてくださいね!

悲しいお知らせ~オランウータン「キッちゃん」がなくなりました~

 2021年7月22日、オランウータンの[キッキ]が43歳で死亡しました。心不全による循環障害でした。
 
 キッキは1978年4月11日、札幌市円山動物園で生まれ、1982年11月4日から日本モンキーセンターで飼育され、1988年5月23日に茶臼山動物園にやって来ました。1989年11月21日には娘の[フジコ]を出産し、仲良く同居していました。
 道具を使ったり、ものを作るのが得意なキッちゃんはバナナの皮を紡いで遊んだり、絵を描いたり、クレヨンでお化粧するなど、とても器用で時として私たちを驚かせました。また、私たちの言葉の多くを理解し、気持ちを感じとることのできる大変賢いキッちゃんはいつもみんなに一目を置かれ、とても愛されていました。
 
 そんなキッちゃんに新しい施設でこれからももっとたくさんのことを教えてもらいたいと思っていた矢先でしたので、悲しく寂しい気持ちでいっぱいです。33年という長きにわたり、私たちにオランウータンの生態を教えてくれた、人気者[キッキ]との別れが、新施設が完成したタイミングで突然訪れてしまったことに、職員一同戸惑いを隠しきれません。
 
 大切な仲間だったキッキの冥福を祈るとともに、新しい施設で娘のフジコや今後仲間入りするオランウータンたちがより快適に元気に過ごせるよう、飼育に全力を尽くしていきたいと思います。

レッサーパンダの赤ちゃんが誕生しました!

 当園で飼育しているレッサーパンダの「ミルク」(3歳)が7月1日(木)に双子の赤ちゃんを出産しました。
 茶臼山でのレッサーパンダ誕生は2015年以来、6年ぶりとなります。
 
 赤ちゃんは、2頭とも女の子でした。現在は母子ともに健康で赤ちゃんもすくすくと育っていますが、「ミルク」にとっては初めての出産・子育てとなるため、慎重に見守っているところです。
 
 ※一般公開は、赤ちゃんの成長状況にもよりますが、今のところ9月下旬頃を想定しています。『秋の動物園の日』(10月16日・17日)頃には赤ちゃんたちの名前募集もする予定です。詳細が決まりましたら、動物園ホームページやSNS等でお知らせします。

「オランウータンの森」がオープンしました!

 7月17日(土)に待ちに待った新施設「オランウータンの森」がオープンしました。
 屋外展示場は、園内にある薪や腐葉土などを調達するため利用されてきた雑木林を利用し、野生のオランウータンが棲む森をイメージして整備したほとんどが“ドングリの木”で、クワガタなど多種多様な生き物がいる森です。
 
 7月5日(月)から新施設に引っ越して新しい環境に慣れてきた当園のオラウータン「キッキ」と「フジコ」、オープンと同時に早速、高い木々を伝って空中散歩……といいたかったところですが、そこはさすが人一倍慎重で賢いお母さんの「キッちゃん」、新しい環境に安心して、お外に慣れるまでにはまだまだ当分時間をかけて慎重に探りを入れているといったところです。
 いっぽう、娘の「フジコちゃん」は、木の上にはまだあまり上りませんが、地面をあちらこちらといろいろあたりを探検しています。
 
 飼育員一同、2頭が早く新しい環境に慣れて、優雅に空中散歩しているところを心待ちにしています。
 みなさんも、ぜひちょくちょく様子を見に来てくださいね。

ライチョウのヒナの孵化と死亡について

 茶臼山動物園では、今年1月と2月に市立大町山岳博物館(長野県大町市)と那須どうぶつ王国(栃木県)から搬入したオスとメスを3月から同居させてペアとし、園で初めてのライチョウの繁殖に向けた取り組みをすすめてきました。

 メス親は今回が初めての繁殖で、6月9日(水)~6月21日(月)の間に8個の卵を産卵しました。メス親が抱卵を途中で中止してしまったため受精卵の可能性の高い4個の卵をこれまで孵卵機に入れて温めてきましたが、7月に入りメス親が抱卵を再開したため孵化予定日直前に卵を巣に戻し、7月15日(木)午前中に4個中2個からヒナが孵化しました(10:23にモニター越しで2羽のヒナを確認)。孵化しなかった残りの2個は中止卵と死ごもり(ヒナが嘴打ちの途中で死亡してしまう状態)でした。

 メス親にヒナを育てさせる自然育雛をおこなっていく予定でしたが、メス親がヒナを温めることを途中で放棄してしまい16日早朝に2羽とも衰弱しているのが見つかりました。急遽、ヒナを取り上げて保温、点滴、経口投与などの治療を施しましたが、17日(土)早朝に1羽、午前中にもう1羽も死亡しました。

 今後、研究機関に病理検査を依頼し、詳細な死因について検討をおこないます。

シロオリックスの赤ちゃんの名前が決まりました!

☆2021年3月5日に生まれたシロオリックスの赤ちゃん(オス)の名前が決定しました。

▼名前/【ジャーニー】(応募人数2人)

▼命名者の方/ 府川裕一さま  深澤教子さま
▼選考理由/父親と母親の名前の一部を組み合わせた名前の応募が多く、その中から呼びやすく親しみやすい名前を選びました。

4月10日(土)・11日(日)の「春の動物園の日」に募集しました、シロオリックスの赤ちゃん名前募集に多数のご応募ありがとうございました。
現在、「ジャーニー」は母親の「ミニー」と一緒にアフリカ平原にて展示しています。
愛らしい姿をぜひご覧ください。