レッサーパンダ「ポポ」ブイン動物園へ

 このたび、茶臼山動物園で生まれ育ったレッサーパンダのオス「ポポ」が、チリ共和国のブイン動物園へ、繁殖目的のために旅立つことになりました。

 2014年7月1日に、父親「チャオ」と母親「ノン」との間に生まれた「ポポ」、ちょっと臆病な性格ですが、いつも見せる表情はとてもかわいく茶臼山のイケメンくんでした。

 まだ、旅立つ日程は決まっていませんが、決定次第あらためてご報告します。遠い国へと旅立ってしまいますが、チリで立派なお父さんになってね。

 

謹賀新年!

 新年あけましておめでとうございます。

 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

 今年が皆様にとって素晴らしい年になりますように!

 

 ※動物園は元旦より営業しております。
  お正月三が日は「お正月イベント」も開催中です。
  開園時間は10:00~16:00(入園は15:30まで)です。ヨロシクね♡