「カボスケ」くんがやって来た!

 このたび、神奈川県横浜市の野毛山動物園よりニホンアナグマのオス「カボスケ」くんが茶臼山にやって来てくれました。

 「カボスケ」くんは、2016年3月30日生まれの今月4歳になる元気な男の子で、「カボスケ」くんの家族には、「デコポン」「ミカン」など柑橘系の名前がつけられています。当園で以前より暮らしているメスの「アリス」さんと今後ペアになる予定でいますが、現在、「アリス」さんとは同居に向けお見合い中で、二匹の相性は非常に良さそうです。

 お茶目で可愛らしい「カボスケ」くん、新しい環境にも慣れ、土の運動場も気に入ってくれたようで、元気いっぱい動き回る姿は、早速お客さんにも大人気です。
 動物園にお越しの際は、北口近くにある小獣舎を覗いて見てくださいね。

ライオン「つむぎ」ちゃんの一般公開が始まりました!

 2月25日に群馬県桐生市の桐生が岡動物園より来園したライオンのメス「つむぎ」ちゃん(2017年7月19日生)の一般公開が3月20日(金)からいよいよ始まりました。

 オスライオンの「キュウゾウ」くんとは現在檻越しでのお見合いが続いておりますが、屋外展示場と屋内展示場で檻越しでじ~~と見つめ合って過ごしている2頭の相性はなかなか良い感じです。

 2年前に最愛の「ラン」ちゃんを亡くしてからどことなく寂しげだった「キュウゾウ」くんですが、どうやら元気をとり戻してくれたようです。これから2頭で仲良く暮らしていこうね!

レッサーパンダ「プーアルくん」の移動が決まりました!

 当園で飼育しているレッサーパンダの「プーアル」が、2月17日(月)に北海道の旭山動物園へ移動することが決まりました。

 2016年9月6日に京都市動物園から繁殖目的のため来園したプーアルくん、当園で生まれたアンズと3年間ペアリングをし、相性は大変良くかわいい赤ちゃんの誕生を期待したのですが、残念ながら出産にはいたりませんでした。プーアルくんの血統は日本では非常に貴重な存在なので、是非とも子孫を残してもらいたく今度はペアを変えて北海道の動物園で繁殖に取り組んでもらうことになりました。

 人懐っこく食いしん坊のプーアルくんの旅立ちは大変残念ですが、新天地でも元気で頑張ってね!

 移動にともない「プーアルくんのお別れ会」を以下の日時におこないます。皆さんと一緒に旭山へ送り出したいので、ぜひ参加してくださいね。

◆日時:2020年2月16日(日) 15:00~15:15

◆場所:レッサーパンダのおうち(モニター前)

※当日は、バレンタインイベントも開催中です!

 

レッサーパンダ「ポポ」展示中止のお知らせ

 当園で飼育しているレッサーパンダの「ポポ」のチリ共和国ブイン動物園への移動日が決まりましたのでお知らせいたします。

 出発は2020年3月10日(火)になりました。
 キュートな仕草で愛された「ポポ」もいよいよチリへ旅立ちます。当園で「ポポ」が過ごす日も残りわずかとなりますが、皆さん、ぜひ「ポポ」に会いに来てくださいね。

 なお、海外への移動となるため、2月5日(水)から検疫作業に入ります。よって、「ポポ」の展示は2月4日(火)までとなりますのでご注意ください。

悲しいお知らせ~アムールトラの「リング」が亡くなりました~

 当園で飼育しているアムールトラの「リング」(オス:16歳8ヶ月)が、1月8日(水)午後12時40分に死亡しました。

 昨年の秋ごろより体調を崩しており、12月からは展示を中止し、寝室内で治療に専念しておりました。年が明けてからは、食欲が少し戻り回復傾向にあるかとも思われましたが、8日に容態が急変しこのような結果となりました。死因は肺炎による呼吸不全でした。

 「リング」は、平成26年5月23日に北海道の釧路市動物園からブリーディングローン(繁殖のための動物の貸し借り)によりお借りし、当園に来園しました。

 堂々として、仲間にも優しい紳士的な性格のトラで、当園においては昨年他界した「ミライ」(メス)とも仲むつましく、「ミライ」との間に、5頭の仔(出産2回)をもうけてくれました。また、国内飼育のアムールトラのオスの中では最高齢で、これまでの各園での繁殖実績も高く、非常に優秀なトラでした。

 これまで皆様には「リング」のことを本当に可愛がっていただきありがとうございました。長きにわたり日本の動物園に貢献してくれた「リング」の冥福を皆様とともに祈りたいと思います。

新年明けましておめでとうございます!

 新年明けましておめでとうございます。

 今年もどうぞよろしくお願いします。

 

 動物たち代表

 テンジクネズミ科 モルモット一同より